>> TOP > Q&A

良くある質問

虫歯って何?

虫歯菌によって歯が溶かされてしまう病気を言います。歯の表面が白くなっただけの初期のものから、神経まで達している大きな穴のものまで全て虫歯です。ですから、極初期の虫歯は自然に治ることもありますし、相当進んでしまったものは、歯を抜かなくてはならない場合もあります。虫歯を削るのも、削らないも、神経をとるも、とらないも、その状況に応じた的確な診断が必要です。

▲ページTOPへ戻る

歯周病って何?

歯周病菌によって歯を支えている骨が吸収してしまう病気を言います。主な原因は、磨き残しです!ほとんど痛みを生じないため、いざ抜かなければならない時まで気付かない場合もあります。30代以上の80%は歯周病に罹っているといわれています。治すには、歯科医院での的確な診断、治療が必要です。

▲ページTOPへ戻る

妊娠するの歯がわるくなるの?

妊娠すると、赤ちゃんが母体からカルシウムを吸収してお母さんの歯が悪くなるとよく言われますが、まったくの迷信です。妊娠して歯が悪くなる原因は、まず規則的な生活が出来ないことにあります。また、妊娠するとすっぱいものがほしくなり、口の中を酸性の環境にします。口の中が酸性の環境になると炎症を起こしやすくなったり、菌が増殖しやすくなります。つわりもあって、歯を磨こうとすると嘔吐感もあります。歯周病を放置しておくと、女性ホルモンを好む細菌の増殖や早産の危険性が高まりますので要注意です。妊娠したらより一層、口の中のお手入れに注意が必要で、安定期のうちには歯医者さんでケアをしてもらったほうが良いでしょう。

▲ページTOPへ戻る

親知らずは抜かないとだめ?

完全に萌出していて噛み合う歯があれば抜かなくても大丈夫です。
歯茎の中に埋まっていたり少し萌えていたりする場合は、汚れがたまりやすく歯茎が炎症しやすいし、完全に萌出していても一番奥の歯なので歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすくなります。
よく腫れたり虫歯になった親知らずは抜くことをお勧めします。

▲ページTOPへ戻る

歯の神経をとるって?

本当は神経だけでなく、血管や神経などの集まりで歯髄と呼ばれ、歯への栄養補給や修復を担っている組織です。虫歯になると痛くなったり、冷たいものや熱いものがしみるのはこの歯髄のためです。根っこの先の狭い穴からしか血液供給がないため、1度細菌の攻撃にさらされてしまうと全て死滅してしまいます。その場合、痛みを取り除いたり、細菌のこれ以上の体の内部への侵入を阻止するために神経を取ります。ただ、神経をとった歯は、破折しやすくなるため、保存できる場合には極力保存した方が良いでしょう。

▲ページTOPへ戻る

治療を受けたいのですが子供連れでも大丈夫ですか?

大丈夫です。待合室のキッズコーナーにテレビや絵本やおもちゃがありますので遊びながら待っていてもらってもいいですし、小さいお子様の場合は中に一緒に入ってもらっても大丈夫です。(ベビーカーのままでも大丈夫です。)

▲ページTOPへ戻る

保険内で歯を白くすることはできますか?

普段のブラッシングでは取れきれないタバコのヤニ、お茶、コーヒーなどによる着色であれば1回?2回の歯のクリーニングで多少白くなります。

▲ページTOPへ戻る

フッ素は何歳からはじめたらいいの?

基本的には歯が萌えはじめたらフッ素塗布開始です。
しかし、杓子定規に考えなくても大丈夫です。歯科医院に慣らすくらいのつもりで初めてのお誕生日の前に受診してみましょう。

▲ページTOPへ戻る

お問い合わせ、ご予約はお電話で 06-6699-8846
  • 診療時間 9:30∼12:30 14:30∼20:00
    (土曜日の診療のみ 15:30まで)

  • 休診日 木・日・祝日

  • 住所 大阪市住吉区南住吉1-22-6

  • TEL&FAX 06-6699-8846

Categories

〒558-0041
大阪市住吉区南住吉1-22-6

TEL. 06-6699-8846
休診日. 日・祝日


おざき歯科の情報を
携帯からもチェック出来ます
QRコードを読み込んでください。